↓ ランキング参加中です ↓

お役に立てたらクリックお願いします。

コタ君が泣いて喜びます。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

伊根の舟屋に犬と行く。道の駅から観光地とランチが出来る場所


伊根の舟屋までのアクセス

<<アクセス>> <<電車&バス>>

京都丹後鉄道(JR京都駅、大阪駅から直通あり)「天橋立駅」または「宮津駅」で下車し、路線バス(丹後海陸交通)に乗り換えて約1時間。

バスの運賃は「天橋立駅」または「宮津駅」から400円です。

バスの行き先は「経ヶ岬」「蒲入」「伊根郵便局前」で行く事が出来ます。

<<アクセス>> <<自動車>>

京都から(約2時間30分) 神戸から(約2時間) 敦賀から(約3時間30分)

京都縦貫自動車の「与謝天橋立IC」を降りた後、国道176号線~国道178号線で行けます。

天橋立(北側)から約20分です。

<<駐車場>>

無料は「道の駅舟屋の里伊根」に約100台ほどあります。

有料駐車場は以下のHPでご確認ください。

伊根町町営駐車場

伊根町に到着

日本海ですが、穏やかな波です。

道の駅「舟屋の里伊根」に到着しました。巨大スクリューがお出迎えしてくれます。

道の駅から見える景色です。漁船がずっと行き来していました。

NHK連続テレビ小説「ええにょぼ」は、1993年(平成5年)の作品で伊根の町が舞台となっています。その他にも映画「釣りバカ日誌」「男はつらいよ」の舞台にもなっています。

漁村として全国で初めて国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された地域でもあります。

道の駅の看板。道の駅には「御食事処 油屋」と「レストラン舟屋」があります。

日本三景の天橋立(北側)から車で約20分の場所にある伊根町は、古くから続く漁師町です。現在も観光と漁業の町として知られています。

道の駅から約260段あると言われる階段を下りてきました。「INE CAFE」「鮨割烹 海宮」の隣です。

海水が奇麗で海底が見えています。ウニだらけ!誰もウニを取らないのでしょうか?

手を伸ばせば届きそうな場所にウニがいます。

海が似合う男、小太郎です。

海の水が奇麗だから魚介類が美味しいはず!でもまだオープン前・・・。

見てるだけでお腹が空いてきます。

ガンジャが鼻の赤灯台(伊根港カンジャガハナ灯台)

風が気持ちよかったです。

のんびりしたいい場所です。

この地域の家屋は直接海に接していて、1階は船を収蔵するためのガレージ。2階が居住スペースになっています。台風が来たらどうなるのでしょうか?

舟屋が湾を取り囲むように約230軒建っています。

七面山駐車場

有料駐車場の一つである七面山駐車場に来ました。

ここは写真スポットで大勢の方が写真を撮っていました。

伊根湾の入口にある青島が防波堤の役割を果たしているため、年間を通じて波が穏やかです。また民宿になっている一部の舟屋では、2階から釣りが出来る所もあるそうです。

まとめ

ここは魚介類が有名で、刺身とか海鮮丼が絶品らしいです。時間帯によっては並ぶ事もあるみたいです。次に来た時は絶対に食べるつもりです。

知らなかったのですが、観光協会から車で約5分の場所にある「伊根湾めぐり遊覧船」。船にはカモメやトンビがたくさん群がって来るそうです。港や船ではエサになるスナック菓子が販売されていて、鳥へのエサやりが出来るそうです。

餌やり大好き人間の私としては乗りたかった・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です