金沢に犬連れおでかけ観光旅行 ひがし茶屋街~主計町~兼六園~近江町市場グルメ~ペットと食事が出来る店




金沢を代表する観光地「ひがし茶屋街」

ひがし茶屋休憩館は午前9時から開いている無料の休憩所で、観光ボランティアガイドがいるので周辺を案内してもらえます。

ひがし茶屋街は文政3年(1820)に加賀藩が現在地周辺に点在していたお茶屋を集めたのが始まりです。200年以上の歴史を持つ当時の建物が今も残るこの場所は重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。


文政3年(1820)建築の金沢で一番大きな茶屋建築の「懐華櫻」はお座敷文化を今に伝えています。夜は一見さんお断りだそうで、1階はカフェになっているみたい。

この時はまだ午前9時なので店が開いていません。どこに何の店があるのかも不明。


観光客もまだいないので記念撮影にはちょうどいいです。


お茶屋美術館は文政3年(1820)に作られたまま残るお茶屋の建物内に、お茶屋で使われた髪飾りや加賀蒔絵、加賀象嵌などの道具類を展示しています。

<<開館時間>> 9:30~16:30 木曜定休

<<料金>> 一般500円 小中学生300円


10時を過ぎると色々なお店が開くので、見ているだけでも楽しくなる場所。かなり歩き回ったのですが、犬について明記されている店はありませんでした。多分NGかな?


ここは金箔化粧品専門店「KINKA」。妻への貢物を献上するために立ち寄りました。


よくわからないので店員さんに聞いたら、真ん中の「金華ゴールド ナノローション」が一番人気でオススメだと言われました。アトピーやアレルギーのある人も大丈夫だそうです。

中に金箔が入っているので付けたらラメ?みたいになるのかと思ったのですが、帰って妻に使ってもらったら金箔は消えてしまいました。

税込みで1本3,850円。たまにはご機嫌を取らないといけないのだよ・・・。


「箔一 東山店」は各種お土産が豊富なので修学旅行の生徒達に人気でした。


中でも金箔ソフトクリーム(891円)が大人気。


コタ君にも金箔ソフトクリームをお裾分けです。

夏の散歩にはネッククーラーが便利です。両手がフリーになりリードを持つのに邪魔になりません。

冷却プレートが冷たくて気持ちいいので、通勤にも役立ちます。プレゼントにも最適!


昔ながらの料亭や茶屋が建ち並ぶ「主計町茶屋街」

浅野川の隣りにある主計町茶屋街。金沢三茶屋街の一つで、昔ながらの料亭や茶屋が建ち並ぶ場所です。


石畳と聞いていたのですが、インターロッキングかも?

昼間より夜のほうが雰囲気があります。


犬連れには何も出来ない場所でした・・・。


ひがし茶屋街に比べて観光客も少ないです。夜が本番?


金沢グルメはここで味わう「近江町市場」

金沢グルメを堪能するために近江町市場にやってきました。近くに複数の駐車場がありますが、今回は歩いて来ました。微妙な距離ではありますが。

近江町市場の始まりは享保6年(1721)で、300年以上も金沢の食文化を支える市民の台所です。


魚介類はもちろん、フルーツや立ち食いのメニューも豊富です。ベンチがある店も多いので犬連れでも問題なく食事が出来ます。


浜焼きが美味しそう。


うなぎ串焼(500円)を注文。ご飯が欲しかった・・・。


外に席があるのでワンコOK?海鮮丼を各所で食べているのでとにかく食べたくなる。


刺身を買ってのんびり食べるのもいいかも。


イカ串を注文。他に犬連れの人は見なかったのですが、とにかくコタ君が可愛いと褒められまくりです。


ここでコタ君には唐揚げをプレゼント。お腹が減っていればガッツリ食べる事も出来るし、食べ歩きも楽しい場所でした。

他の人を写さないようにしていますが、平日でもかなりの人がいます。


金沢駅の新しいシンボル

金沢駅東広場の駐車場は初めの20分まで無料なので撮影に便利です。


伝統芸能に使われる鼓をイメージした「鼓門」が金沢駅の新しいシンボルです。


木格子が規則正しく並んでいます。


ガラスのドーム「もてなしドーム」。金沢を訪れる人に差し出す雨傘をイメージしてるそうです。


夜は鼓門がライトアップされています。


兼六園は犬NG

兼六園の隣に巨大な駐車場が完成しました。さらに拡張工事をしているのでもっと広くなるみたい。


兼六園と隣の金沢城公園はワンコ禁止です。


奥に見える茶屋はワンコOKだったらしいのですが、今はもうNGなのでしょうか?朝早いので係の人がいないので不明です。


国の特別名勝であり、日本三名園の一つである「兼六園」。

時間は7:00~18:00(夏場)、料金は大人320円なのですが、朝早く行くと普通に入れます。


この写真は2017年9月に仕事で行った時のもので、朝のジョギングをしていて普通に庭園を走ってました。金沢城公園も普通に走ってました。本当はいけないのでしょうか?


この時はコタ君もいつか連れてこようと思ってたのです。


「長町武家屋敷跡」江戸時代の雰囲気を味わう

長町武家屋敷跡は藩政時代に加賀藩の中級武士が暮らしていた場所で、細い路地や土塀、長屋門が当時の姿のまま残っています。毎年12月上旬から3月中旬までは、雪から土塀を守るために薦が掛けられ金沢の冬の風物詩となっています。

各所建物がありますが、聞いてみた所犬連れは全てNGっぽいです。


コタ君も侍だから武家屋敷に入れるはずなのに・・・。


大野庄用水は金沢の街中を流れる55の用水の中で最も古いものです。


武家屋敷の街中は小太郎侍の姿が溶け込みます。違和感なし!


奥のビル群がなければ、いつの時代か不明です。


金沢市足軽資料館は藩政時代の足軽屋敷2棟を移築再現したもので、屋根は石を置いています。


「にし茶屋街」マツコの知らない世界の金沢和菓子がある

金沢の町は駐車場が多いと思うのですが、観光駐車場が一番安くないという・・・。カードや電子マネーも使えません。


金沢三茶街の一つである「にし茶屋街」。ひがし茶屋街と同じく文政3年(1820)に作られた場所。


出格子が美しい茶屋建築の街並が残るのですが、一番狭いので人も少ないです。


西茶屋資料館には観光ボランティアガイドがいて周辺を案内してもらえます。


「甘納豆かわむら」。2022年4月に放送された「マツコの知らない世界」で金沢の和菓子が紹介されていましたが、和菓子大好き人間の私は気になってました。


もう一つ紹介された和菓子「こもかぶり」が売られている「板屋 本店」は上の場所になります。


甘納豆かわむらの店の内部です。コタ君は外で待ってもらいます。


黒豆や栗などを3つ購入。じっくり見たかったのですが、コタ君がワンワンうるさいので適当に切り上げました。

おやつに一つ食べたのですが、上品な甘さであんこや和菓子好きな人にはおススメです。家族にも好評でした。もっとたくさん買っておくべき商品でした。


モナカも注文。これは塩分が濃い味でした。


妙立寺は通称・忍者寺とも呼ばれ、数々の仕掛けが施されていて人気の寺。ワンコはNGだけど。


金沢周辺の犬連れOKな散歩スポット

加賀 伝統工芸村 ゆのくにの森

石川県の伝統工芸である吹きガラスや紙漉きなどの小さな手工芸品のワークショップが集まっていて、伝統工芸の実演鑑賞と体験ができる施設。


綿ヶ滝

無料駐車場や展望台があり、今回は工事中で行けなかったけど滝のそばまで降りられます。


鳥越城跡

一向一揆で織田信長と戦った城跡です。無料駐車場があるので散歩に来れますが、歴史を知ると考え深いものがあります。


七つ滝

駐車場がわかりにくいのです。住宅地の近くを流れるので水が汚い・・・。


月うさぎの里

入場料無料でうさぎと触れ合える施設。犬は抱っこ等が必要。


犬連れペット連れで食事(ランチ・カフェ)が出来る店

今回は「菊よし さか井」にやってきました。隣に無料駐車場が1台分あります。事前に電話予約した方がいいみたいです。コタ君が落ち着かないので奥の個室にしてもらいました。


何を注文したのか忘れた・・・。3,000円くらいのメニューだったと思う。刺し身は美味しかったのですが、小鉢のは微妙だった。海鮮丼にすればよかったと今思います。


単品で金沢名物の鴨治部煮を注文。これは注文後にわりと早く来た。


単品で季節の野菜天ぷらも注文。注文後1時間以上待たされました。美味しかったのですが、待つことが大嫌いな私には苦痛の時間でした。

特に混んでいる訳でもなく、また料理を作る大将が仲居さんに大声で怒鳴ってる?喧嘩?も遠くから聞こえてきました。

お通し+3品で6,000円ちょっとでした。(値段は覚えていない・・・)

待たされないのであればまた行きたいとは思います。


和食・寿司のお店です。ランチのみワンコOKなのですが、電話等で確認はした方がいいかも。


和食・寿司のお店です。ケージやリード等で動かないようにする必要がありますが、電話等で確認はした方がいいかも。


イタリア料理のお店です。テラス席がペット可。


インド料理のお店です。テラス席がペット可。


屋内型ドッグランがあるドッグカフェ。


カフェ・喫茶店。


トリミングとドッグカフェのお店です。


カフェ・ランチのお店です。テラス席がペット可。


犬連れペット連れで宿泊できるホテル

年間120泊ほどする私が部屋をチェックします。

鍵は部屋内の簡易シリンダーサムターンタイプで、アパートの部屋ではなくあくまでも一軒家の部屋です。2階と3階に4部屋ずつあります。

ツインルームタイプで和室と洋室の部屋に宿泊。


ペット用アメニティはペットシーツ、消臭剤、お皿など。


ワンコがベッドの上に上がるなとか注意事項は何も言われませんでした。自由?

部屋には洗面所やトイレ、風呂はありません。洗面所とトイレは2,3階に共同です。風呂は1階に2箇所。


1階に談話室があり、自由に使えます。


風呂の様子。見えないけど右側にはシャワー2台あります。やはり風呂の内装はタイルじゃないと黒カビが天井・壁・床に発生しています。


ペット用お風呂でリラックス?


今回は素泊まりで大人11,000円+ワンコ宿泊料3,300円+宿泊税200円の合計14,500円。駐車料金は無料。4~5台ほど停められると思います。

割高だと思いますが、ワンコ連れの宿泊は仕方ないのでしょうか?。普段宿泊するビジネスホテルでは6,000円あれば朝食付きでかなりいい所に宿泊できるのに・・・。

人間一人、ワンコ連れで宿泊出来る所がほとんどないので仕方がない事だと割り切ってます。ここの利点はひがし茶屋街、主計町茶屋街、近江町市場までを行動範囲に出来ることです。ここ以外だと微妙に駐車料金も必要になるので、ここに宿泊すれば駐車料金は節約出来ます。


その他の犬連れペット連れで宿泊できるホテル

浅野川沿いの住宅街にある一棟貸しの宿です。中庭にテラスがあるので、川を眺めながらゆっくりできる空間があります。一棟貸しなので他人に気兼ねなく過ごせるのが利点。


一棟貸しの宿です。キッチン設備もあるので自炊が可能。一棟貸しなので他人に気兼ねなく過ごせるのが利点。


ワンコと泊まれるビジネスホテルを展開しているリブマックスグループ。リゾート形式なのでビジネスタイプより少し高いのですが、一人から宿泊できて一泊9,000台から泊まれます。


客室はすべてコンドミニアムタイプで、備え付けのキッチンで調理も可能。ペット用アメニティがあり、ドッグランもあります。


自然に囲まれた温泉宿。ペット連れは別館なので一般客の本館とは別になります。評価の高い人気の宿です。


まとめ

加賀百万石の街「金沢」。犬連れでは制限される場所が多く、ワンコNGな店や施設が多いのでよく考えて行動しましょう。待てを上手にしつけておくと楽しめます。

隠れた名店も多そうなので探し歩くのも楽しそうです。昔ながらの建物が多いので風情を楽しめます。

金沢はコンパクトに纏まっていますが歩くには少し遠いので、駐車料金が必要になります。カードや電子マネーは使えないので小銭や千円札等が必要になりました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。