↓ ランキング参加中です ↓

お役に立てたらクリックお願いします。

コタ君が泣いて喜びます。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

しまなみ海道を犬と行く~生口島~大三島~伯方島~大島

広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ「しまなみ海道」

瀬戸内しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ全長約60kmの自動車専用道路で西瀬戸自動車道、生口島道路、大島道路からなります。 この道路は、尾道市の一般国道2号バイパス及び今治市の一般国道196号バイパスに接続し、瀬戸内海に浮かぶ芸予諸島の島々を橋で結びます。新尾道大橋以外の各橋には、原動機付き自転車道及び自転車・歩行者専用の道路が整備されていて、眼下に多島美を眺めながらサイクリングも楽しめます。

画像、文章引用元 本州四国連絡高速道路株式会社


今回はしまなみ海道の途中にある「生口島」「大三島」「伯方島」「大島」に遊びに行ってきました。西瀬戸自動車道、通称しまなみ海道ですが1999年5月に全ての橋が完成した時の大渋滞から現在までずっと見続けてきました。

2006年4月にやっと広島県尾道市~愛媛県今治市の直通ルートが開通してすぐに四国に遊びに行きました。四国がすごく身近に感じたのを覚えています。

生口島へ行く

商店街にある玉木商店。ここのローストチキンは人気があり、土日祝日だと午前中に売り切れることもあります。足、手羽共400円。

個人的には足がお勧めです。今回はコタ君と分けて食べました。

ここはいつもテレビに出てくる岡哲商店。出来立てのコロッケを食べれます。コロッケ1個90万円。お金を払う時は90億円。ハイパーインフレなお店です。店の前に貼ってある紙は、テレビや雑誌取材の時の記事となっています。来るたびにこの紙が増えてます。

その他はサイクリスト用の店などが増えていますね。

商店街を抜けるとフェリー乗り場です。

商店街の途中から山道を通って

向上寺 国宝三重塔に着きました。

商店街のすぐそばにあるド派手な耕三寺。2003年に15棟もの堂塔が国の登録有形文化財に指定されています。今回は行っていませんが、一度中を見るのをお勧めします。

耕三寺の奥には未来心の丘、近くには耕三寺博物館があります。耕三寺の近くにはジェラート専門店ドルチェがあり、暑い時にはお勧めです。

耕三寺  ⬅公式HPでご確認ください。

大三島へ行く

大三島と言えばなんでしょうか?

もちろん大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)です!

三瀬戸内海に浮かぶ大三島西岸、神体山とする鷲ヶ頭山(標高436.5メートル)西麓に鎮座する。古くは大三島南東部に位置した。 三島神社や大山祇神社の総本社であり、山の神・海の神・戦いの神として歴代の朝廷や武将から尊崇を集めた。大山積神を祀る代表的な神社ということもあり、山神社の総本社とされることもある。 境内には国の天然記念物「大山祇神社のクスノキ群」がある。また、源氏・平氏をはじめ多くの武将が武具を奉納して武運長久を祈ったため、国宝・重要文化財の指定をうけた日本の甲冑の約4割がこの神社に集まっている。社殿・武具等の文化財として国宝8件、国の重要文化財76件(2014年現在)を有し、これらは紫陽殿と国宝館に収納・一般公開されている。さらに、昭和天皇の「御採集船」として活躍した「葉山丸」と、四国の海に生息する魚介類や全国の鉱石、鉱物を展示した大三島海事博物館(葉山丸記念館)が併設されている。 近代においても、日本の初代総理大臣の伊藤博文、旧帝国海軍連合艦隊司令長官の山本五十六をはじめとして、政治や軍事の第一人者たちの参拝があった。現在でも、海上自衛隊・海上保安庁の幹部などの参拝がある。

引用元 ウィキペディア

初めて行ったときは、ほとんどの方がびっくりすると思うんですよ。なぜこんな所に1300年以上の歴史を持つ立派な神社が?



神社入口にて

乎千命御手植の楠

幹周11.1m、根周り20m、樹高約15.6m。伝承樹齢2600年。

コタ君と一緒にお参りしてきました。

私は御朱印は集めていませんが、各地でお参りするのが趣味です。

ここへ来たら、ついでにここにも必ず行って欲しいのです。

大山祇神社宝物館 ⬅公式HPがないので残念なのですが。

歴史の教科書に載っている、国宝や重要文化財の指定をうけた日本の甲冑の約4割など。源義経や源頼朝の鎧が目の前に!本当にあったのねと思わずにはいられない経験でした。

他鎧、兜、刀剣類などを見る事が出来ます。男は剣に狂うのですよ。フッフッフ・・・。



神社の目の前にある「大漁」。開店前に名前を記入して予約するのですが、平日でも行列が出来ているので休日だと1時間待ちは普通です。


その他の場所

海岸通りをずっとドライブすると不思議な建物が多いです。

瀬戸内海の島々はどこも同じように見えます。

人も少なく、時間がある人はのんびりドライブ出来ますよ。

最後は海で遊んで帰りました。冬の時期でも普通に海に入ろうとする困ったワンコです。



伯方島へ行く

道の駅「伯方SCパーク」の隣りにある「ドルフィンファームしまなみ」へ行ってきました。

ここはワンコ連れでも入ることが出来るイルカと触れ合える場所です。

イルカを「見る」「さわる」「およぐ」など貴重な経験ができる場所なのです。

見るだけなら入場料が大人(中学生以上)が500円。子供(4歳以上)が400円と割安なのも魅力です。

コタ君は海の中の巨大生物にビビってたのですが、間近でイルカを見れる人間は興奮します。

オートキャンプ場も併設されていてコテージがトレーラーハウスなので、小さいお子さんがいるご家庭でものんびり過ごすことが可能です。

バーベキューは予約制ですが、食材から炭火コンロ一式まで全て揃っているので、隣りにある海水浴場で遊んだ後にはお腹いっぱい食べれます。

ドルフィンファームしまなみ ⬅詳しくは公式サイトで詳細をご確認ください。



大島へ行く

村上海賊ミュージアムに到着。この日は休みなのですが。

村上海賊ミュージアムの目の前にある「能島水軍」。海鮮丼がおすすめです。

「能島城跡」瀬戸内海でも屈指の潮の流れが早い場所だと思います。

こんな所によく城を建てれたものだと不思議に思えます。

よしうみバラ公園。もう時期が過ぎていたので、花がほとんど散っています。

隣りにある売店でコラーゲン入りのローズヒップソフトクリームを食べました。

お肌が気になる年頃なので・・・。

亀老山展望公園の駐車場の隣りにある売店前。

藻塩ジェラートを食べたのですが、塩分強めの味です。

しまなみ海道を上から見れる場所は少ないので、中々の絶景です。

亀老山の標高が307mなのですが、天気がいいともっと遠くまで見通す事が出来ます。

最近のしまなみ海道は

サイクリストが平日、祝日問わず、かなり増えています。レンタサイクルが色んな場所にあるみたいなので、外国人も普通にママチャリでしまなみ海道を通っています。

サイクリスト用のカフェや休憩所もかなり増えました。

サイクリスト用のホテルもあるので、車で尾道や今治に来てそこからロードバイクでしまなみ海道を通っているみたいです。そこまでして自転車乗りたいの?と乗らない私は思うわけですよ。


私がアルプスにある乗鞍岳(標高3,026m)を登りに行った時ですが

バスターミナルが標高2,702mにあるのですが、そこまでロードバイクで登る人がいるんですよ!サイクリストすげー!!サイクリストからすれば、そこまでして山に登りたいの?と言われそうですが。


あと注意して欲しいのですが、しまなみ海道は基本は片側1車線です。何カ所か2車線になる所もありますが、距離も僅かです。ゴールデンウィークとか、年末年始とかの大型連休には大渋滞となります。今年のゴールデンウイークは上りが40キロクラスの大渋滞となっていました。


しまなみ海道の東にある瀬戸大橋は全線片側2車線で、基本住民以外はPA以外の途中の島に降りられません。だから渋滞になりにくいのです。しまなみ海道は途中の島からも乗る人が多く、高速を降りて一般道で行くという選択肢がない為に、逃げる事が出来ない恐ろしい道となります。

午前中に通行することをお勧めします。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です