↓ ランキング参加中です ↓

お役に立てたらクリックお願いします。

コタ君が泣いて喜びます。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

鬼滅の刃の聖地巡礼。大分・別府の八幡竈門神社へ犬と散歩 kimetsu no yaiba

アクセスと駐車場

<<アクセス>> <<自動車>>

東九州自動車道「別府湾サービスエリア」から約6キロ(約10分)

<<駐車場>>

80台 無料で利用出来ます。(大型バス利用可能)

車で観光地に行く人必見!事前に駐車場を確保できる秘密とは?

人気の観光地や各種イベント、祭りなどがある場合は、周辺の駐車場がいっぱいになって車で何十分もウロウロする事があり、過去何度も泣かされています。

本当に駐車場を確保するのが大変なのですが、そんな人のために裏ワザがあります。

パーキング予約なら特P(とくぴー)



上記はスマホから駐車場を予約できる、今SNSやネット・雑誌・新聞・テレビでも話題の人気サービスです。

入会金・年会費・月会費が0円

・駅近、スタジアム、有名スポットの周辺にどんどん増えてきています。

・破格な料金、相場の半額以下の駐車場がいっぱい

事前予約すると必ず停められます!満車に困らず駐車場を探さないので時間もおトクです。

・コインパーキングみたいにゲートやフラップ板がないからほとんどの駐車場では、出入りが自由。余分な料金がかからないのも好評です。

・スマホひとつで超カンタン登録!さらに楽々タップ予約!

・バイク用の駐輪場からトラックが止めれる大きな駐車場もあります。

土日祝日に人気観光地やイベントに行く場合はぜひ利用してみてください。

人気観光地に到着しても、駐車場を探す無駄な時間から開放されるのでオススメです。



太宰府・竈門神社からのはしご

大分道を通って福岡県太宰府市から大分県別府市まで行きます。

途中の由布岳PAからの由布岳(標高1,583m)。頂上には少し雪が見えます。この湯布院周辺の景色は熊本県の阿蘇周辺の景色と並び、素晴らしいので楽しいドライブが出来ます。

湯布院は高速道路からも多くの別荘らしき建物を見る事が出来ます。

由布岳PAからの景色はあまりパッとしませんが、ここから別府湾サービスエリアまでの高速道路から見える景色は一見の価値ありです。

夏の時期に緑の草原が広がるような山肌がとても美しく、散歩したら気持ちよさそうなんです。

犬を連れて行ったらすごく喜ぶと思う場所です。

八幡竈門神社へ到着

駐車場から見る八幡竈門神社。割と新しい建物に見えます。



鬼殺隊メンバーの小太郎。

手水舎。亀のキャラクターは大分トリニータのマスコットキャラクターである「ニータン」です。

八幡竈門神社から見える別府湾。

鬼が作った九十九の石段。

昔、竈門(かまど)の里に悪鬼が住んでいた。鬼は夜毎現れては人々を喰い殺し里を荒しまわっていた。里人は困り果て、八幡様に鬼を退治して下さいとお願いをした。そこで八幡様は鬼に一晩のうちに百の石段を造ることが出来たら毎年人間をいけにえにやろう、もし出来なければ今後里に出て来てはならぬと約束させた。鬼は承知して、あちらこちらの谷や川から石を運び石段を造り始めた。鬼が九十九段まで造ったその時、神様がまだ出来ぬかとお聞きになられた。鬼はその言葉に一息つきあと一段と云った時に夜明けを告げる一番鶏が鳴いて夜が明けてしまった。鬼は驚いて逃げて行き、二度と里に現れなくなった。そのためか石段を見てみると下の方は丁寧に造られているが上の方は雑に造られている。

八幡竈門神社公式HPから引用

別府市内から登るとかなりの階段だと思います。

こっちが正面?別府湾に面した東面になります。

いつみてもかっこいい小太郎。

神社内の天井を見てみると・・・。

龍の天井画があります。

反転させて拡大しました。原作漫画の5巻にある「水の呼吸 拾ノ型」「生生流転」の背景の龍に似てると神社の方が力説していました。私には日本の龍はどれも同じに見えるのですが・・・。



八幡竈門神社の周りにあるもの

大晦日から元日にかけて地元の「かまど神楽座」が神楽舞を奉納する「神楽殿」。「ヒノカミ神楽」が見れるかも?

奥にある「鬼が忘れた石草履」。

石段を作った鬼が忘れていった石草履で、その鬼はいまでは近くの「かまど地獄」の門番として働いているそうです。

鬼の忘れた石草履に村人が足を入れてみると、みるみる力が溢れて何倍もの仕事が出来るようになり、体の悪い人達はたちまち元気になったそうです。

鬼の足指が3本なのは、「貪欲」「嫉妬」「愚痴」を表しており、「知性」「慈悲」が欠けているからと言われているそうです。

力が溢れるコタ君。柱になる日もそう遠くないはず!!

御神木である「魂依の木」この中に入って大分トリニータの選手が写真を撮ってました。

一人800円。

まとめ

早朝から出発して太宰府の竈門神社へ行き、宝満山へ登り、最後に別府の八幡竈門神社に行きました。

車の走行距離は約1,000キロ。鬼の忘れた石草履に足を入れたからなのか、思ったより元気でした。

別府の八幡竈門神社は人も少なく、太宰府の竈門神社ほど活気に溢れていなかったです。でも鬼滅の刃ファンは全国何処にでも行きそうなので、聖地巡礼の一つとしていかがでしょうか?



福岡県・太宰府の竈門神社にも行っています。

鬼滅の刃の聖地巡礼に!福岡・太宰府の竈門神社がモデル?~宝満山へ登山 kimetsu no yaiba


[Klook公式サイト] ⬅世界最大級の旅先体験予約サイト

料金が最大60%OFF!最安値保証!当サイトよりもさらに安い料金を見つけた場合は、その差額を返金します。

QRコード直接入場が可能!多くの施設はモバイル画面を提示するだけで直接入場可能です。

人気テーマパーク・動物園・水族館のチケット、ダイビング・SUPなどのアウトドア体験、 オプショナルツアー、空港送迎・レンタカー・鉄道チケットなどの交通サービス、 レストラン予約、WiFiやSIMカードまで。 タビナカで必要なものがすべて揃います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です