↓ ランキング参加中です ↓

お役に立てたらクリックお願いします。

コタ君が泣いて喜びます。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コンビニ飯でも1ヶ月で10キロ痩せられる


ストレス解消の為におやつを食べていると

今現在私の体重は70キロを切っていますが、3年前までは最大79キロまでいった事があります。

筋トレはずっとしていたのですが、食事の量を減らすダイエットは嫌いでお腹が減ってストレスも溜るし、長続きしませんでした。

35歳を過ぎた頃はたまには走ったりもしていたのですが、思うように体重は減りませんでした。走ってもいっぱい食べるので、すぐに体重が元に戻るのです。

体重が減ったり、増えたりを繰り返すようになってしまいました。数年が経ちましたが年齢による代謝の低下もあり、少しずつ体重が増えるようになってしまいました。

会社員時代は仕事のストレス解消の為によくおやつを食べていました。そして自由な時間がないので夜にゲームをしたりして、睡眠時間が減る原因となっていました。不規則な生活をしていると太りやすくなります。その頃の平均睡眠時間は5時間ちょっとだと思います。

生活を見直す必要が

転機が訪れたのは40歳を過ぎた時、会社員を辞めて個人事業主となりました。最初の頃は張り切って仕事をしていたのと、仕事のペースが分からず、いつまで仕事をすればいいのかわからないので、ずっと夜も仕事をしていました。仕事をすると疲れるので、おやつとかをよく食べていました。

そしてある時に鏡を見てびっくりしました。横腹から腹にかけてまるくなっているのです。ベルトがきつくなっていたのもあるし、その頃人生最大の体重79キロになっていました。

さすがにヤバいと思いましたが、どうすればいいのかわかりませんでした。私の住んでいる所は田舎なので、近くのジムでも40分はかかると思います。

そんな時に本屋でライザップの本を見つけました。CMでもよく見てたし、その時すでに30万部も発行してるとあったので、取り合えず買ってみました。

「低糖質ダイエット」の事が書いてありましたが、何の知識もない私には衝撃でした。痩せたいけど、食事の量を減らしたくないのです。だから食事の量を減らさなくていいのが衝撃だったのです。

ダイエットを始める事に

今ではネットでも似たような情報は手に入ると思いますが、やはり痩せるには「食事」と「運動」と「メンタル」が大事なのです。

糖質の少ない食事を理解した私は早速試してみる事にしました。しかし出張が多いので、食事をどうすればいいのか悩みました。その頃の食事はホテルの朝食と、後は現地での外食だったのです。

本の中には少しコンビニの食事についても書いてありますが、実際に調べてみました。するとその頃には低糖質ダイエットブームがあり、低糖質を売りにしている食事が思っていたよりあったのです。

朝はホテルの朝食。昼と夜はコンビニのおかず。

本気でがんばってみようと思い、気合を入れました。

それからはいつもしている筋トレに加えて、ジョギングを週に4回ほど走っていました。食事内容も糖質を控えましたが、食事量は減らしていません。

7月の暑い時期だと、ジョギングを1回すると2キロ近く減るんですよ。すぐに水分を補給するので、実際には1キロ減る程度ですが。

家にいる時も食事内容をご飯から豆腐に変えたりしましたが、食事量はへらしていませんでした。

真面目にすると、どんどん体重が減っていきました。体重が減ると面白くなってきて、トレーニングも苦になりませんでした。

そうして7月末には70キロを切る事が出来ました。それからは食事制限をゆるくして、少しずつ体重を減らして最終的には2ヶ月で79キロから64キロまで減り、15キロのダイエットに成功しました。食事の6割以上はコンビニ飯でもダイエットは出来ました。

ダイエットを成功させるには

最初の「ウエイトダウン期」次に「糖質コントロール期」最後の「スタイルキープ期」がわりと上手に出来たと思います。

世の中には色んなダイエットがありますが、基本はやはり「食事」と「運動」と「メンタル」だと思います。

特に男である以上、ただ痩せたいだけではないのです。痩せて虚弱体質のような体ではなく、筋肉が付いている体になりたいのです。

それには筋トレが必要だし、自分自身が色んな意味でレベルアップする必要があります。

食事をコントロール出来るようになると、仕事もコントロール出来るようになり、睡眠時間も7時間は取るようにしています。

楽して痩せるのもいいと思いますが、トレーニングを入れたダイエットは自分自身を高める事が出来るのでお勧めです!

自信がつくし、色んな意味で負ける気がしなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です