↓ ランキング参加中です ↓

お役に立てたらクリックお願いします。

コタ君が泣いて喜びます。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

税務調査 4日目


前回から約1週間、そろそろ電話がありそうな予感がありました。

この頃になると只々面倒くさいの一言です。

税務調査が始まる前はやる気MAXだったのですが、本業の妨げになるので

早く終わってほしいと願う毎日でした。

今回も税務署にて打ち合わせです。

調査官D 「これが資料を基に計算した物です、まだ正式ではないのですが」

私 「追徴税額はいくらになりました?」

調査官D 「200万超えましたね」


腰が砕けるかと思いました。消費税だけで100万いくのはわかってたのですが。

副業時代も年間売上が1000万円を超えていたので、ある程度は覚悟してました


私 「予想より多いですねー、困りました。」


私 (マジかー!泣きそうだよ・・・追徴の平均金額を上げてしまった・・・。)



私にお金がないのは、1回目からアピールしていました。

2回目で副業の事を話した時に「分割支払い出来ますか?」とすでに支払いを

認めています。

その後は他に経費になりそうなものや、忘れている事がないか

二人で確認しあっています。

この時はすでに修正申告に応じる意思表示をしています。

調査官Dも好意的に経費等を認めてくれています。

これには本当に感謝しています、ここで揉めるとかなり長引くと思います。

最後に問題はどうやって支払うかに焦点を当てて話し合いました。

ある程度の結論が出た後、次は上司に書類を提出して審査待ちになります。

ここで恐ろしいのが、公務員も縦社会なので担当調査官がOKを出しても

上司や審理官、所長にダメ出しをくらってひっくり返る可能性がある事です。

時期的にも絶賛税務調査中なので、時間がかかると言われました。

私 (これ以上増やされたら、更正しないといけないかも・・・)

私 (裁判まで行きたくない・・・)

追徴金額も多いし、気分的にかなり凹みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です