↓ ランキング参加中です ↓

お役に立てたらクリックお願いします。

コタ君が泣いて喜びます。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ある日突然電話がかかってきました


仕入れで県外に出ていた9月下旬、

知らない番号から電話がかかってきました。

調査官 「〇〇税務署のDと申します。W様の電話で間違いないでしょうか?」

私 「はい、そうですけど?」

この時は特に何とも思っておらず、次の言葉を聞くまで冷静だったと思います。

調査官 「来月、税務調査を行いたいので10月の7日からの週と、15日

からの週のどちらがよいでしょうか?」

私 (ぜいむちょうさ?なんだっけ?税務調査?・・・・・・・・・・・・・・

やばい!!マジか!!

なんで?なんで?なんか変な事したっけ?)

一気に汗が出てきて、何かの悪事が見つかったような感じで焦りまくりです。

来月は1日から1週間の出張があったはずだけど、スマホを見ないと予定が

わからないし、とにかく焦って自分が何をしてたのかわかりませんでした。

私 「今は予定がわからないので、調べてから折り返し電話します。」

とりあえずそれだけは伝える事が出来たのですが、電話を切った後はその場を

うろうろしながら何が起こったのかをずっと考えていました。

私 (なんで税務調査?何か変な事したっけ?確定申告に問題があった?)

心臓がバクバクと鳴ってて冷や汗もかくし、落ち着くまで数分はかかりまし

た。



少し落ち着いたら、まず最初にAmazonで税務調査関係の本を数冊買いました。

今までに個人事業主の経費とか節税の本は読んでいましたが、税務調査の内容

について細かく調べる事もありませんでした。

何故だかわかりませんが、自分には関係のない他人事だと思っていたので。

電話を切って1時間程度経って少し落ち着いてきた私は、予定表も確認したの

で税務署に電話をかける事にしました。

いたずら電話かもしれないと微かに希望をもっていましたが、税務署を検索し

て表示された電話番号を見て現実だと気づかされました。

私 「10月15日の週ならいつでも構いません」

調査官 「わかりました。では※日でお願いします。調査項目は何と何で

~  ~の二人で行きます」

何を言っていたのかよくわからず、生返事だけして電話を終わりました。



その後は仕事どころではなく、本屋でも税務調査関係の本を買って早々に家に

帰りました。

妻にLINEで「税務調査に決まりました」と送ったら「おめでとうございます」

と返事がありました。ありがとう妻よ。

その日の夜から数日間、仕事もせずに本を読んだりネットで情報を集めて過ご

しました。

夜も眠りが浅くなったりして、気分が不安定な日が続きました。

主に元税務調査官が書いた税務調査の本を読んでいたのですが、だんだんと

根拠のない自信がわいてきました。

私 (悪い事をしてるつもりはないし、やってやるぜ!!)

私 (勝つのはこっちだ!!)

私 (税務調査の対象に選んだことを後悔させてやるぜ!!)

私 (キャインと言わせてやる!!)

隠し玉もあるし、必要な資料を取り寄せて当日に備えることにしました。


その時の私は開業4年目で確定申告3回を税務署でしています。

年間売上は毎年ほぼ同じで約3,000万円です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です